feed Subscribe to feed
pic
27. 11
2013

為替ニュース速報の活用法

Written by: syusyu1 - Posted in: 為替 -

為替ニュース速報はFX取引をしている人であればだれでも気になるものです。

 

FX会社が提供する情報サイトでは、為替ニュース速報がいつでも入手できる形で配信されていますが、現実に活用できているでしょうか。

 

配信される記事は、1日に数十本以上と非常に数が多く、案外うまく活用されていないのも事実です。

 

為替市場の概要、経済指標の結果、中央銀行の会合の様子、プロの見通しなどが為替ニュース速報の内容として配信されています。

 

情報を取捨選択するのが大変になってしまいがちですが、まずはニュースのうちの一部のものから見るようにするといいでしょう。

 

中でも重要視すべきなのは、為替の情報に特化した配信からこそ手に入る情報、すなわち取引のオーダーの情報です。

 

オーダー情報はどの通貨でいくらのレートでどのくらいの規模の注文が集まっているかを教えてくれるものです。

 

通貨のレートは、売り注文と買い注文の需給バランスによって最終的な為替レート水準が決まります。

 

オーダー情報を為替ニュース速報で知ることはFX取引において参考になりますが、為替市場の基本は相対取引です。

 

株取引のように、どこか一カ所の機関がまとめて発表する情報ではなく、情報の発信元が人脈を頼りに金融機関などから集めた独自情報です。

 

いろいろな情報を比較検討できるようにするように、FXの口座はいくつか違う会社の複数の口座を持つことが大切です。

 

為替ニュース速報を上手に利用し、FX取引に活用しましょう。

26. 11
2013

為替速報ニュースの特徴

Written by: syusyu1 - Posted in: 為替 -

為替速報ニュースが知りたい場合には、FX会社が提供するニュース速報がおすすめです。

 

FX会社の為替ニュース速報であれば、テレビやラジオなどでは知ることのできないような為替関連のニュースを知ることができます。

 

為替速報ニュースにはどのような特徴があるのでしょうか。

 

金融市場全般に関する情報を広く扱い、特に外国為替に関わるニュースを中心として得ることができるのが、為替速報ニュースです。

 

為替速報ニュースの内容は多岐にわたり、一日中いつでもリアルタイムの情報を知ることができます。

 

ニュース配信数は一日100本~150本ほどです。

 

配信されるニュースの内容としては、世界情勢、経済指標、要人発言の内容、といったものが網羅されています。

 

FX投資をする場合に役立つ情報をいち早く得ることができるでしょう。ニュースは24時間リアルタイムで配信されます。

 

テレビのように決まった時間で配信されるわけではありません。

 

タイミングを逃すことなく為替ニュースに基づいた取引を行うことができます。

 

為替ニュース速報サイトの中でも、FX会社提供のサイトであれば、カテゴリー、通貨、日付、キーワードなどで情報を絞り込んで検索できるものもあります。

 

さまざまな為替ニュースの中から、欲しい情報を条件によって絞り込み、取得することもできます。

 

FX会社の提供する為替ニュース速報は、口座を開いている顧客なら無料ですので、上手に取引に使っていきましょう。

 

お金を借りるなら今すぐコチラをご覧ください。

 

25. 11
2013

為替ニュース速報を確認する方法

Written by: syusyu1 - Posted in: 為替 -

外国為替証拠金取引をしている人が最近増えていますが、上手に利益を得るためにはニュース速報をまめにチェックすることが重要です。

 

為替市場に影響を与える世界情勢は一秒一秒変化しています。

 

世界経済の情報を知らなければ、外国為替証拠金取引を円滑に進めることは難しいでしょう。

 

どのように世界の経済ニュースをいち早く確認すればよいのでしょうか。

 

経済指標や政策金利の発表の他、要人の発言、政局に関する情報などが、為替相場に影響を与える情報です。

 

経済指標の結果の細かい数字までは、普通のテレビやラジオなどではあまり報道されることはありません。

 

ニュースの時間の最後の方で、少しだけ時間を使って為替のニュースをするのが普通です。

 

インターネットのニュースでも為替に関する速報はあまりありません。

 

FX企業の中には、為替のニュース速報を配信提供してくれるところがありますが、速報を得るにはこれが一番情報が多いようです。

 

最近のFX会社のニュース速報は非常に充実しています。

 

為替ニュースサイトには、経済指標が発表とほとんど同時にリアルタイムで速報されるところもあります。

 

サイトの内容は経済指標の値に限らず、要人発言、相場見通し、テクニカル分析などを提供するところもあります。

 

為替に関するニュース速報をすぐに知りたいような場合には、FX会社が提供してくれる為替ニュース速報を見るというのもお勧めです。

24. 10
2013

為替スワップポイントの注意点

Written by: syusyu1 - Posted in: 為替 -

金利差がある二国間の通貨取引をした時にできる金利差がスワップポイントです。

 

どのような点に留意をして、スワップポイントを理解すべきなのでしょう。

 

スワップポイントは、通貨の金利差によって生じるものであるということがまず重要です。

 

つまり、通貨の金利が変わることによって、スワップポイントも変動します。

 

日本の金利は随分と長い間ゼロからの横ばい状態ですが、ドルの金利がそれ以上に下がったら、スワップポイントは現在と正反対にドルを売って円を買った時につくようになります。

 

金利の高い通貨を持ち続けることでスワップポイントをもらい続けようと思っても、金利差が逆転してしまったらスワップポイントが入らなくなってしまいます。

 

スワップポイントは、取引額に応じて決まります。

 

そのため、レバレッジに対して注意をしておくことも、見逃せない点であるといえます。

 

もしも1万ドルを1年持ち続けることができれば、今の金利条件ならばスワップポイントは5万円以上入るでしょう。

 

ですが、預けたお金が少なければ高レバレッジの取引になります。

 

1万ドルを持ち続けることができればスワップポイントは入りますが、レバレッジの高い取引になりますから、為替レートが数円変わるだけで損切りされてしまうことは火を見るより明らかです。

 

数円しか余地がない中で、1年間同じドルを保有し続けることは、ほぼ無理だといっていいでしょう。

 

損が大きくなったと感じてきたら資金をふやすという方法もありますが、レート変動は推測を越えることもあります。

 

為替レートの変動に伴う取引の損や得のほうが、スワップポイントより膨らむことが多いようです。

 

長期的に外貨を保有することでスワップ益を取りたい場合は、為替変動にも耐えられるよう、レバレッジを高くしすぎないようにすることが大事です。

9. 10
2013

為替スワップポイント

Written by: syusyu1 - Posted in: 為替 -

外国為替取引の一形態に、スワップ取引というものがあります。

 

直物為替と、先物為替を組み合わせた取引の方法です。

 

では、スワップ取引とはどういった取引形態のことなのでしょう。

 

スワップ取引では、スワップポイントが存在します。

 

スワップ取引を行った場合、為替間の金利差が発生します。

 

より高金利の貨幣を保有している間は、その金利分の利益も得られるわけです。

 

ドル円でスワップ取引をした場合、金利の差がスワップぶんとして調整され、ポジションを持ちこす形になります。

 

スワップ取引によって発生したもう片側の金利は埋め合わせられることになり、保有資産に組み込まれるということになります。

 

ロング買いによってスワップによる小さな利益を確保したいという個人投資家も大勢いるようです。

 

なぜ金利が高かったり低かったりするかも含めて検討してください。

 

ごく普通に考えて、銀行から融資を受ける場合も信用力があれば低金利で、信用力がなければこ高金利での貸し付けになるのはよくある話です。

 

基本的な考え方は、為替も同様です。

 

金利が下がれば保有したがる人が多くなり、その金利自体の価値が段々と上がります。

 

自分自身の体力があるうちは川の流れと反対方向に泳ぐことも可能ですが、体力がなくなれば流されてしまいます。

 

高い金利にひかれて通貨を買い、長期的にうまくいかなかった例もあります。

 

外貨の取引で利益を得るためには、漫然と高金利通貨を保有するのではなく、スワップポイントと金利の仕組みを理解することです。

 

為替を扱う時には、スワップ取引に関する知識が必要になります。

1. 10
2013

為替スワップとは

Written by: syusyu1 - Posted in: 為替 -

スワップ取引とは、直物、先物と並ぶ外国為替取引の一形態であると言われています。どういった取引が、外国為替のスワップ取引というのでしょう。

 

スワップ取引は外国為替取引の中では最も多く、全取引量の50%に相当すると言われているようです。スワップ取引を行う場合、複数の取引を合わせて同時に行います。

 

同じ先物でも期日が違うものや、直物と先物など条件の違う物同士となります。もとは、スワップ取引を行うことで外貨を得るという利点がありました。例えば、日本円と米ドルでのスワップ取引を考えてみます。

 

2営業後にドル買い円売りの取引を行う場合を考えると、2日後にドルを買い、代価として円を支払っていると考えることができます。ドル売り円買いが一カ月後に行われた場合、手元にあったドルを支払いにあて、その資金で円を購入するといえます。

 

2営業日後から一カ月後まで、一時的にドルを保有していた形になるのです。

 

この時の、通貨ごとの金利を考えてみてください。

 

円の金利が1%、ドルの金利が6%なら、金利差ぶんを得したことになります。金利ぶんは、スワップ取引の中で調節できるよう金額が設定されています。

 

高い金利を手放しても、金利差ぶんの損が出ないようにしているわけです。スワップ取引では、金利ぶんの差をスワップポイントと呼んでいます。

 

スワップ取引では売り取引と買い取引を一緒に行うため、レートの変動による影響を小さく抑えられます。

20. 09
2013

為替の推移予測の注意点

Written by: syusyu1 - Posted in: 為替 -

FXを成功させるためには、為替レートの推移が今後どう変わるかを理解することがポイントです。

 

特にFXを始めたばかりという人は、円高や円安で相場が大きく変わるタイミングが危険な時です。

 

急激な為替の変動といえば台風や地震のような自然災害もありますが、こればかりは事前に予想できるものとはいえません。

 

どれだけ為替について知ったとしても、自然的な出来事が発生するタイミングを読むことは不可能ですから、どうしてもわからない部分は出ます。

 

大幅に為替レートが動くと、とかく初心者は動揺しがちです。場の勢いに呑まれてしまい、普段はしないような取引をしてしまったという人もいます。

 

FXの取引を成功させるには、為替の変動状況に目を光らせつつ、危険性を日ごろから考えておくことです。

 

益をふやすことより、損をしないことのほうを重視してください。

 

たった1度のストップロスの入れわすれが原因で、取りかえしようもないくらい含み損が大きくなってしまったという話も珍しくありません。

 

1度の失敗のために、リカバリーがきかくなることもあるといいます。為替がどのように推移しても対応できるよう、リスクに対する備えをしておくことが重要です。

 

FXをするようになって長いという人でも、予想できないような為替の変動にほんろうされることがあります。想定外の方向に為替が推移しても、慌てずに対処することが必要です。

11. 09
2013

為替相場推移の見方

Written by: syusyu1 - Posted in: 為替 -

FX取引をする人には、為替レートの推移を正しく予測できるかどうかは極めて重大事です。

 

色々な手法が為替推移の知り方にはありますが、基本的な理論を理解しておくと予測を立てやすくなります。

 

絶えず変動しているのが為替相場の特長です。為替の推移に影響を及ぼしているものについて、情報分析をするスキルが必要です。

 

為替レートの推移をグラフ化し、そのグラフから将来的な流れを読み取るという方法もあります。この方法にも様々なやり方があります。

 

箱の中に押しこめられているように、為替レートが一定数字の範囲内を動いている状態をボックス圏といい、動きに乏しい状況をいいます。

 

ポイントは、上値と下値の範囲を見極めることにあるでしょう。

 

ボックス型の抵抗線や支持線を越えながら動いていく状態のことを、フラッグ型と読んでいます。

 

フラッグ型を識別するには、上値抵抗線をクリアしたかどうかでしょう。チャートの陽線がだんだんと短くなると、これまでのトレンドが反対方向に変わる前兆だとも言われています。

 

為替の相場は、チャートの形状を様々な角度から分析することによってわかったりもします。

 

チャートを読み、取引を重ねることを繰り返すことによって、正しく状況が読めるようになります。

 

チャートから為替の動きが読みとれるようになるには、これからも色々な形でチャートを使っていくことが大事です。

10. 09
2013

為替相場の推移予測

Written by: syusyu1 - Posted in: 為替 -

FXを成功させるためには、為替の推移わ読めるようになることです。近年では、FXによる資産運用をする人が増加しています。

 

何をすれば、為替の推移がわかるのでしょうか。ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析という為替の分析方法によって、推移を読むやり方があります。

 

為替相場とは、通貨の需要と供給に応じて決まるものであるという前提がファンダメンタルズ分析の大もとです。

 

為替の推移を予測する際に、経済のファンダメンタルズ分析で需要が影響を受けているという視点を利用します。

 

経済活動の前提が、ファンダメンタルズと位置づけられています。通貨国が経済的にどれだけの力を有しているかを知るためのデータが活用されます。

 

経済成長率や失業率、国際収支、金利などが該当します。

 

常に経済指標と為替レートとが同期して推移しているというものではありませんが、絶えず変わっている為替の推移に、経済指標が関わっているということができます。

 

為替相場は、物価上昇率の影響を受けているという考え方もあります。

 

物価上昇率が上がると、通貨の価値は下がっていきます。通貨自体の価値が下がれば、他国と比較しての相対的な価値も下がり、為替に影響します。

 

物価上昇率があまり高くなければ通貨の価値は変わらず、物価上昇率が高ければ通貨の価値が下がります。為替がどのように推移するか、各種の経済指標に注目しましょう。

サラ金でお金を借りてまでいれこまないように!

9. 09
2013

為替レートの変動

Written by: syusyu1 - Posted in: 為替 -

国家間の貨幣の交換比率である為替レートは、どうして固定されずにその時々で変動していくのでしょう。

 

為替レートの変動は多様な要因が入りくんでいるものですが、国家の経済力がその要因の1つです。

 

経済指標には、国内総生産の伸び率、失業率、インフレ率、財政収支、経常収支の赤字黒字などがあります。

 

その国の景気が発表された経済指標から上昇すると判断されれば通貨の価値は上がります。

 

国際取り引きの決済手段に主として使われる米ドルを有するアメリカの経済指標は、特に重要なファクターとなります。

 

為替レートを決定づける要因の1つに、金利があります。金利が低い国の通貨は、価値が低下しやすいといいます。

 

景気が良くない国の金利は低く、景気がいい国の金利は高いとされているため、為替レートもそれを反映するわけです。

 

投資家がどの国の貨幣に投資をするかも、変動要素になります。投資家は為替の動きをグラフにしてチェックしています。

 

多くの一般投資家もチャートを分析することで今後の為替レートの動きを予想しているようです。投資家たちの行動が為替レートにかなりの影響を与えているようです。

 

為替レートの変動によって円高になったり円安になったりします。現在、日本円は海外通貨に対してどの程度の為替レートかで円安、円高になります。

 

為替レートが変わると、日本の輸入産業、輸出産業に大きな変化をもたらします。

 

 

Search this blog

Tag cloud