feed Subscribe to feed
pic
20. 09
2013

為替の推移予測の注意点

Written by: syusyu1 - Posted in: 為替 -

FXを成功させるためには、為替レートの推移が今後どう変わるかを理解することがポイントです。

 

特にFXを始めたばかりという人は、円高や円安で相場が大きく変わるタイミングが危険な時です。

 

急激な為替の変動といえば台風や地震のような自然災害もありますが、こればかりは事前に予想できるものとはいえません。

 

どれだけ為替について知ったとしても、自然的な出来事が発生するタイミングを読むことは不可能ですから、どうしてもわからない部分は出ます。

 

大幅に為替レートが動くと、とかく初心者は動揺しがちです。場の勢いに呑まれてしまい、普段はしないような取引をしてしまったという人もいます。

 

FXの取引を成功させるには、為替の変動状況に目を光らせつつ、危険性を日ごろから考えておくことです。

 

益をふやすことより、損をしないことのほうを重視してください。

 

たった1度のストップロスの入れわすれが原因で、取りかえしようもないくらい含み損が大きくなってしまったという話も珍しくありません。

 

1度の失敗のために、リカバリーがきかくなることもあるといいます。為替がどのように推移しても対応できるよう、リスクに対する備えをしておくことが重要です。

 

FXをするようになって長いという人でも、予想できないような為替の変動にほんろうされることがあります。想定外の方向に為替が推移しても、慌てずに対処することが必要です。

11. 09
2013

為替相場推移の見方

Written by: syusyu1 - Posted in: 為替 -

FX取引をする人には、為替レートの推移を正しく予測できるかどうかは極めて重大事です。

 

色々な手法が為替推移の知り方にはありますが、基本的な理論を理解しておくと予測を立てやすくなります。

 

絶えず変動しているのが為替相場の特長です。為替の推移に影響を及ぼしているものについて、情報分析をするスキルが必要です。

 

為替レートの推移をグラフ化し、そのグラフから将来的な流れを読み取るという方法もあります。この方法にも様々なやり方があります。

 

箱の中に押しこめられているように、為替レートが一定数字の範囲内を動いている状態をボックス圏といい、動きに乏しい状況をいいます。

 

ポイントは、上値と下値の範囲を見極めることにあるでしょう。

 

ボックス型の抵抗線や支持線を越えながら動いていく状態のことを、フラッグ型と読んでいます。

 

フラッグ型を識別するには、上値抵抗線をクリアしたかどうかでしょう。チャートの陽線がだんだんと短くなると、これまでのトレンドが反対方向に変わる前兆だとも言われています。

 

為替の相場は、チャートの形状を様々な角度から分析することによってわかったりもします。

 

チャートを読み、取引を重ねることを繰り返すことによって、正しく状況が読めるようになります。

 

チャートから為替の動きが読みとれるようになるには、これからも色々な形でチャートを使っていくことが大事です。

10. 09
2013

為替相場の推移予測

Written by: syusyu1 - Posted in: 為替 -

FXを成功させるためには、為替の推移わ読めるようになることです。近年では、FXによる資産運用をする人が増加しています。

 

何をすれば、為替の推移がわかるのでしょうか。ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析という為替の分析方法によって、推移を読むやり方があります。

 

為替相場とは、通貨の需要と供給に応じて決まるものであるという前提がファンダメンタルズ分析の大もとです。

 

為替の推移を予測する際に、経済のファンダメンタルズ分析で需要が影響を受けているという視点を利用します。

 

経済活動の前提が、ファンダメンタルズと位置づけられています。通貨国が経済的にどれだけの力を有しているかを知るためのデータが活用されます。

 

経済成長率や失業率、国際収支、金利などが該当します。

 

常に経済指標と為替レートとが同期して推移しているというものではありませんが、絶えず変わっている為替の推移に、経済指標が関わっているということができます。

 

為替相場は、物価上昇率の影響を受けているという考え方もあります。

 

物価上昇率が上がると、通貨の価値は下がっていきます。通貨自体の価値が下がれば、他国と比較しての相対的な価値も下がり、為替に影響します。

 

物価上昇率があまり高くなければ通貨の価値は変わらず、物価上昇率が高ければ通貨の価値が下がります。為替がどのように推移するか、各種の経済指標に注目しましょう。

サラ金でお金を借りてまでいれこまないように!

9. 09
2013

為替レートの変動

Written by: syusyu1 - Posted in: 為替 -

国家間の貨幣の交換比率である為替レートは、どうして固定されずにその時々で変動していくのでしょう。

 

為替レートの変動は多様な要因が入りくんでいるものですが、国家の経済力がその要因の1つです。

 

経済指標には、国内総生産の伸び率、失業率、インフレ率、財政収支、経常収支の赤字黒字などがあります。

 

その国の景気が発表された経済指標から上昇すると判断されれば通貨の価値は上がります。

 

国際取り引きの決済手段に主として使われる米ドルを有するアメリカの経済指標は、特に重要なファクターとなります。

 

為替レートを決定づける要因の1つに、金利があります。金利が低い国の通貨は、価値が低下しやすいといいます。

 

景気が良くない国の金利は低く、景気がいい国の金利は高いとされているため、為替レートもそれを反映するわけです。

 

投資家がどの国の貨幣に投資をするかも、変動要素になります。投資家は為替の動きをグラフにしてチェックしています。

 

多くの一般投資家もチャートを分析することで今後の為替レートの動きを予想しているようです。投資家たちの行動が為替レートにかなりの影響を与えているようです。

 

為替レートの変動によって円高になったり円安になったりします。現在、日本円は海外通貨に対してどの程度の為替レートかで円安、円高になります。

 

為替レートが変わると、日本の輸入産業、輸出産業に大きな変化をもたらします。

 

 

7. 09
2013

為替レートとは

Written by: syusyu1 - Posted in: 為替 -

経済ニュースや新聞で為替レートが掲載されていたり、話題に上ることがありますが、どういったものでしょう。ある国のお金を他国のお金に変えるには、決まった比率での換金が必要です。

 

この時に使う比率が為替レートです。米ドルと円の為替レートは1ドル何円何銭という言い方をします。取り引きには必ずといっていいほど売り手と買い手が存在しています。

 

為替レートは通貨を売りたい売り手と買いたい買い手が納得した価格に決定されることになっています。

 

各国の経済情勢や各通貨に関する需要や供給に応じて、取引に参加する人達の間で為替レートは決まります。

 

市場の参加者がどう判断するかによって、刻一刻と為替レートは移りかわっています。市場で取り扱われている為替レートの変動を利用することで、差益による得ができることがあります。

 

為替差損、為替差益という言葉があります。為替レートの変動によって保有する資金の価値が変わることです。1ドル100円の為替レートで10万円分のドルを購入したとします。

 

後で為替レートが1ドル110円になったらドルを売って円を戻すと11万円になり1万円の利益が出ることになります。

 

為替差損とは、1ドルが95円になった時に1000ドルを売り、9万5000円を手にした状態のことです。

 

世界経済を理解することで為替レートの先を読み、差益を得ている人も少なくありません。

6. 09
2013

為替レートと円高円安

Written by: syusyu1 - Posted in: 為替 -

普段あまり意識することはありませんが、為替レートは日々の生活に大きな影響を有しています。

 

世界の景気の変化がどのようになっているか、為替レートからわかることもあります。

 

真っ先に思いつくもといえば、円高や円安の問題でしょう。

 

円高と円安を理解すれば日常生活のの中で知識を活用して得をすることもあるようです。

 

円高とは円の価値が高くなったということです。

 

円安は円の価値が低くなったということになります。為替レートがますます円高に動いているという報道もあります。

 

1ドル=100円の為替レートが1ドル=101円になることが円安であり、1ドル=99円になることを円高に推移したといいます。

 

1ドルが101円が1ドル100円より円安だということを理解するのは難しいという人もいます。

 

実際の例を出して考えてみましょう。

 

1ドル=100円の場合、100ドルの靴が欲しいという時には、手持ちに日本円で10,000円がなくてはならなくなります。

 

1ドルが101円に変動すると日本円で10,100円支払うことになり、同じ商品を購入するにしても100円多く支払うことになってしまいます。

 

円の価値が安くなったということは円安なのです。

 

反対に1ドル99円に為替レートが変動した場合には、9,900円支払うことになり100円少ない支払いとなります。

 

日本円への需用が高くなり、価値が上がっていると円高といいます。

 

現在、各国の景気がどのような変化の時ほ迎えているかを知ることで、為替レートを利用した消費活動ができるようになります。

6. 09
2013

Hello world!

Written by: syusyu1 - Posted in: 為替 -

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

Search this blog

Tag cloud