feed Subscribe to feed
pic
9. 09
2013

為替レートの変動

Written by: syusyu1 - Posted in: 為替 -

国家間の貨幣の交換比率である為替レートは、どうして固定されずにその時々で変動していくのでしょう。

 

為替レートの変動は多様な要因が入りくんでいるものですが、国家の経済力がその要因の1つです。

 

経済指標には、国内総生産の伸び率、失業率、インフレ率、財政収支、経常収支の赤字黒字などがあります。

 

その国の景気が発表された経済指標から上昇すると判断されれば通貨の価値は上がります。

 

国際取り引きの決済手段に主として使われる米ドルを有するアメリカの経済指標は、特に重要なファクターとなります。

 

為替レートを決定づける要因の1つに、金利があります。金利が低い国の通貨は、価値が低下しやすいといいます。

 

景気が良くない国の金利は低く、景気がいい国の金利は高いとされているため、為替レートもそれを反映するわけです。

 

投資家がどの国の貨幣に投資をするかも、変動要素になります。投資家は為替の動きをグラフにしてチェックしています。

 

多くの一般投資家もチャートを分析することで今後の為替レートの動きを予想しているようです。投資家たちの行動が為替レートにかなりの影響を与えているようです。

 

為替レートの変動によって円高になったり円安になったりします。現在、日本円は海外通貨に対してどの程度の為替レートかで円安、円高になります。

 

為替レートが変わると、日本の輸入産業、輸出産業に大きな変化をもたらします。

 

 

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする



Search this blog

Tag cloud