feed Subscribe to feed
pic
7. 09
2013

為替レートとは

Written by: syusyu1 - Posted in: 為替 -

経済ニュースや新聞で為替レートが掲載されていたり、話題に上ることがありますが、どういったものでしょう。ある国のお金を他国のお金に変えるには、決まった比率での換金が必要です。

 

この時に使う比率が為替レートです。米ドルと円の為替レートは1ドル何円何銭という言い方をします。取り引きには必ずといっていいほど売り手と買い手が存在しています。

 

為替レートは通貨を売りたい売り手と買いたい買い手が納得した価格に決定されることになっています。

 

各国の経済情勢や各通貨に関する需要や供給に応じて、取引に参加する人達の間で為替レートは決まります。

 

市場の参加者がどう判断するかによって、刻一刻と為替レートは移りかわっています。市場で取り扱われている為替レートの変動を利用することで、差益による得ができることがあります。

 

為替差損、為替差益という言葉があります。為替レートの変動によって保有する資金の価値が変わることです。1ドル100円の為替レートで10万円分のドルを購入したとします。

 

後で為替レートが1ドル110円になったらドルを売って円を戻すと11万円になり1万円の利益が出ることになります。

 

為替差損とは、1ドルが95円になった時に1000ドルを売り、9万5000円を手にした状態のことです。

 

世界経済を理解することで為替レートの先を読み、差益を得ている人も少なくありません。

6. 09
2013

為替レートと円高円安

Written by: syusyu1 - Posted in: 為替 -

普段あまり意識することはありませんが、為替レートは日々の生活に大きな影響を有しています。

 

世界の景気の変化がどのようになっているか、為替レートからわかることもあります。

 

真っ先に思いつくもといえば、円高や円安の問題でしょう。

 

円高と円安を理解すれば日常生活のの中で知識を活用して得をすることもあるようです。

 

円高とは円の価値が高くなったということです。

 

円安は円の価値が低くなったということになります。為替レートがますます円高に動いているという報道もあります。

 

1ドル=100円の為替レートが1ドル=101円になることが円安であり、1ドル=99円になることを円高に推移したといいます。

 

1ドルが101円が1ドル100円より円安だということを理解するのは難しいという人もいます。

 

実際の例を出して考えてみましょう。

 

1ドル=100円の場合、100ドルの靴が欲しいという時には、手持ちに日本円で10,000円がなくてはならなくなります。

 

1ドルが101円に変動すると日本円で10,100円支払うことになり、同じ商品を購入するにしても100円多く支払うことになってしまいます。

 

円の価値が安くなったということは円安なのです。

 

反対に1ドル99円に為替レートが変動した場合には、9,900円支払うことになり100円少ない支払いとなります。

 

日本円への需用が高くなり、価値が上がっていると円高といいます。

 

現在、各国の景気がどのような変化の時ほ迎えているかを知ることで、為替レートを利用した消費活動ができるようになります。

6. 09
2013

Hello world!

Written by: syusyu1 - Posted in: 為替 -

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

Search this blog

Tag cloud